ここから本文です

JBL、Android TV搭載サウンドバーや左右分離イヤフォン。音のパーソナライズも

1/12(土) 10:37配信

Impress Watch

ハーマンインターナショナルは、「CES 2019」においてJBLブランドのAndroid TV搭載サウンドバーや、左右分離イヤフォン、Bluetoothスピーカーなど'19年に発売する新製品を披露した。

【この記事に関する別の画像を見る】

サウンドバーの「LINK BAR」は、Android TV 9.0搭載のサウンドバーで、音声コントロールに対応。「Hey JBL」と話しかけて離れた場所から声で操作できる。HDMI入力は3系統備え、4K映像のパススルー出力にも対応する。価格は399ドルで夏に発売。外形寸法は1,020×60×93mm(幅×奥行き×高さ)、重量は2.5kg。別売のワイヤレスサブウーファー(299ドル)も追加できる。

左右分離型イヤフォンは、スポーツ向けの「Reflect flow」(149ドル)や、アンダーアーマーコラボの「UA True Wireless Flash」(169ドル)、99ドルの「TUNE 120 TWS」などを2~4月にかけて順次発売する。

Bluetoothスピーカーは、防水で12時間動作する「FLIP 5」(99ドル)を夏に発売。大型の「PARTYBOX 1000」は999ドルで4月発売。2台でワイヤレスのステレオ再生もできる。マイク入力やギター入力も装備。カラオケモードなども利用できる。また、「PARTYBOX 200」(379ドル/バッテリー非搭載)や「PARTYBOX 300」(449ドル/バッテリー搭載)は3月発売。

車向けオーディオの技術から生まれたという、音のパーソナライズ技術「Personi-Fi」も紹介。ユーザーが普段どんな曲をどのように聴いているかなどのデータを入力すると、それに最適化した音質で聴けるというもの。クラウド上にパーソナライズのデータが保存され、普段聴く音楽配信などの楽曲にその音質を適用。手持ちのヘッドフォンなどで自分に合った音質で聴けるという。

AV Watch,中林暁

最終更新:1/12(土) 10:37
Impress Watch

あなたにおすすめの記事