ここから本文です

ブリとイカ、巨大干物に 26、27日オークション出品 伊東

1/12(土) 8:48配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 伊東市内で26、27日に開催される「第25回伊東温泉めちゃくちゃ市」のオークションイベントに出品される巨大干物の加工作業が11日、同市宇佐美の干物製造会社「伊豆中」で行われた。体長約1メートルのブリとタルイカ6匹を、同社の職人が豪快にさばいた。

 加工したのはいずれも石川県産で体重12~13キロのブリ2匹と、同12~15キロのタルイカ4杯。職人歴約50年の田中紘司さん(71)が出刃包丁で手際よく身を開き、内臓を取り出した。さばいた魚介類は塩を塗り込んだ後、2日間天日干しにする。

 田中さんは「これだけの大物をさばくのは年に1回。ブリは今までで一番脂が乗っている。どんな値が付くか楽しみ」と話した。

 昨年のオークションの最高額はブリが7千円、タルイカが1万円だった。

 めちゃくちゃ市は同市渚町の松川藤の広場で開かれる。オークションは26日午後1時半と27日午前10時半の2回開催する。26日は干物をさばくスピードを競う「ひもの開き日本一大会」も行う。

静岡新聞社

あなたにおすすめの記事