ここから本文です

スープラ復活、美しい新型Mazda3…… 東京オートサロン2019で見た「期待の新型車」5選

1/12(土) 14:49配信

ねとらぼ

 1月11日から幕張メッセで開催されたカスタムカーイベント「東京オートサロン2019」。見るからに速そうなド派手なチューニングカーや美しく豪華にドレスアップされたマシンが集結するカスタムカーの祭典です。

【画像】「トヨタ純正」最強チューンのマークXも発売

 そんなお祭り騒ぎの中で、話題の新車や「おっ、これを市販化するのか?」と期待したくなる“参考出品”のコンセプトカーを持ち込む自動車メーカーもあります。今回は東京オートサロン2019に出展されていた、2019年期待のニューモデルをピックアップしましょう。

【1】2019年いよいよ復活、新型「スープラ」

 2002年の80型スープラの生産終了から17年、2019年にいよいよ復活する新型(A90型)「スープラ」。伝統の直6エンジン+FR(フロントエンジン・リアドライブ)のレイアウトを踏襲し、2019年前半に世界各国で発売予定とするトヨタの新型スポーツカーです。

 発表の場は、2019年1月14日(現地時間)に米国で開幕する「デトロイトモーターショー2019」。残念ながら東京オートサロンは発表の場に選ばれなかったため、会場に正式な市販モデルの姿はなかったのですが、その姿を想像しながら期待を高めるには十分な車両が展示されていました。

 1つは、現時点で最も市販モデルに近い姿と思われるカムフラージュが施された試作車です。新型車/未発表車に施されるカムフラージュは、遠目で見てデザインの詳細を分かりにくくする効果があります。しかし実物を間近でじっくり見られるならばただの柄ですよ。むふふ……やはりスポーツカーらしい流麗なスタイリング。これはわくわくします。

 一方でこの個性的な柄も、何度か見て慣れたのか「あれ、何だかいいな」と思えてきませんか? 実際、英国ではこの柄がグッズ化されたほどだそうです。

 続いてはモータースポーツです。トヨタ自動車のブースで、国内最高峰のモータースポーツといわれる人気の自動車レース「SUPER GT」への参戦を想定したスープラのレース車両「GRスープラ スーパーGTコンセプト」をはじめて披露しました。もともとワイド&ローのフォルムがレース用の各種空力パーツやオーバーフェンダーなどによって更にガツンと強調され、既にレーシングカーの風格が漂っていました。

 併せてタイヤメーカーであるグッドイヤーのブースには、米国の国民的レース「NASCAR」に参戦する仕様も展示されました。米国レースシーンでの活躍にも期待ですね。

1/3ページ

最終更新:1/12(土) 14:49
ねとらぼ

あなたにおすすめの記事