ここから本文です

PL学園野球部OB総会 桑田真澄氏が新会長に 復活可能性を学校側に聞く意向

1/12(土) 18:36配信

毎日新聞

 高校野球で春夏通算7回の甲子園優勝を果たし、現在休部中のPL学園(大阪)野球部のOB会の総会が12日、大阪市内のホテルであり、プロ野球・巨人などで活躍した桑田真澄氏(50)が新会長に就任したことが報告された。総会後、桑田会長は報道陣に「非常に大変な時期に就任した。身の引き締まる思い」と心境を明かした。

 同部は2013年に部内暴力で監督が退任し、15年度から新入部員の募集を停止して16年夏の大阪大会を最後に休部。17年3月には大阪府高校野球連盟から脱退した。

 OB会は一昨年に野球部復活の嘆願書を学校側に提出し、昨年には学校側と会談。桑田会長は「再開できるのかどうかの方向性をはっきりさせないといけない」と、復活の可能性を学校側にただす意向を示した。総会には甲子園通算58勝の中村順司元監督(72)や平石洋介・楽天監督(38)ら99人が出席した。【安田光高】

最終更新:1/12(土) 18:36
毎日新聞

あなたにおすすめの記事