ここから本文です

平松愛理 24回目の震災復興ライブ「歴史年表の1行にしないよう歌い続ける」

1/12(土) 18:58配信

デイリースポーツ

 歌手・平松愛理(54)が12日、故郷の神戸市で阪神・淡路大震災/東日本大震災復興支援ライブ「1・17 KOBE MEETING2019」を開催した。

【写真】井浦新も神戸を訪問「平成は最後ですが伝え続けないといけない」

 阪神・淡路大震災後に始めたライフワークで、今年で24回目。約3時間のライブでは代表曲「部屋とYシャツと私」などを披露。ライブの収益金を震災遺児支援施設などに寄付し、集まったファンに「皆さんと出会えて、皆さんのおかげでここまで続けてくることができました」と感謝した。

 今年デビュー30周年となるが「95年1月17日に起こった事を、歴史年表の1行にしたくないので、私はこれからも歌っていきます」と誓った。

あなたにおすすめの記事