ここから本文です

「純烈」友井雄亮の所属事務所、公式HPで謝罪と引退を報告「本人から今後の芸能活動も行わないという強い意志表明」

1/12(土) 8:22配信

スポーツ報知

 交際女性への暴力や金銭問題、不倫などのトラブルが週刊誌に報じられ、11日にグループからの脱退と芸能界引退を表明した5人組歌謡コーラスグループ「純烈」の友井雄亮(38)の所属事務所が12日、公式ホームページで改めて友井の引退を報告した。

【写真】紅白では笑顔だった純烈のメンバー

 「弊社事務所所属である友井雄亮に関するお知らせ」と題した子報告で「この度の友井雄亮の件につきまして、相手方の女性およびそのご家族の方々には多大なご迷惑をお掛け致しました。誠に申し訳ございませんでした。また、日頃よりお世話になっております関係者の皆様、そして純烈を応援してくださっているファンの皆様に対しましても、ご心配をお掛けしておりますことを重ねてお詫び申し上げます」と謝罪した。

 その上で「友井雄亮の処遇につきましては、本日の友井の会見でお話させていただいたとおり、本人から、純烈を脱退するとともに、今後の芸能活動も行わないという強い意志表明がございました。当事務所は、純烈の他のメンバーとも協議した上で、友井の意向を踏まえて、本日をもって友井は芸能活動からの引退ということとなりましたので、ご報告させていただきます」と説明した。

 友井は11日の会見で報道内容を「事実です」と認め、「二度とこのような過ちを起こさないよう、償いながら生きていきたい」と涙ながらに語った。悲願のNHK紅白歌合戦初出場からわずか11日―。芸能人生の絶頂から一転して表舞台を去ることになった。

最終更新:1/12(土) 8:49
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事