ここから本文です

【フェアリーS】大外を回ったエフティイーリスは4着 蛯名「最後が痛かった…」

1/12(土) 17:04配信

スポーツ報知

◆第35回フェアリーS・G3(1月12日・芝1600メートル、中山競馬場、良)

 2勝馬がわずか2頭の組み合わせとなった牝馬重賞は、3番人気のフィリアプーラ(牝3歳、美浦・菊沢厩舎、丸山元気騎手騎乗)が大外からゴール前で差し切り勝ち。半兄に2011年の朝日杯FSを勝ったアルフレード(父シンボリクリスエス)がいるハービンジャー産駒の牝馬が、クラシック戦線に名乗りを上げた。勝ち時計は1分36秒0。

 際どい2着には4番人気のホウオウカトリーヌ(大野拓弥騎手)。3着は5番人気のグレイスアン(戸崎圭太騎手)が続いた。

 蛯名正義騎手(エフティイーリス=4着)「跳びが大きくジワッと。最後まで伸びているし悪い内容ではなかったが、最後に前に入られて外にもっていかれたのが痛かった」

最終更新:1/21(月) 19:44
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事