ここから本文です

王座決定戦で1R4分!?タイムキーパーのミス連発、処分&再戦検討

1/13(日) 6:04配信

スポーツ報知

 日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛事務局長は12日、昨年12月24日の東洋太平洋バンタム級王座決定戦のタイムキーパーらへの処分と同試合の再戦を検討することを明かした。通常は1分のインターバルが5回終了後に1分16秒、6回の試合時間が4分(通常3分)、6回終了後のインターバルが2分と規定をオーバー。試合は栗原慶太(一力)がストロング小林佑樹(六島)に判定勝ちし、王座を獲得した。

 通常は2人体制のタイムキーパーが1人だった。ミスが頻発し、安河内氏は「あってはいけないこと。公式試合と認めるのか議論しないといけない」とした。週明けに選手権委員会を開き、関係者への処分、無効試合として再戦指令を出すか検討する。

最終更新:1/13(日) 23:45
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事