ここから本文です

三重県議ら17日にボッチャ体験

1/12(土) 11:00配信

伊勢新聞

 前田剛志県議会議長は11日の定例記者会見で、障害者スポーツ「ボッチャ」の体験会を、17日の本会議散会後に県議会議事堂で開くと発表した。県議らがボッチャを体験する。一般の体験は受け付けない。

 県議らの声を受けて開催を決めた。ボッチャは脳性まひの人らのために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目。全国障害者スポーツ大会では二年後の三重とこわか大会から正式種目となる。

 当日は、ボッチャに詳しい県スポーツ推進委員と「みえボッチャ協会」の事務局長がルールを説明した後、議員らが議事堂一階のエントランスホールで実際に競技する。一時間程度を予定している。

 前田議長は会見で、一般の体験を受け付けない理由について「時間に制約があるため」と説明。「ボッチャを体験した議員には、さまざまな機会を通じて多くの人に魅力を広めてもらいたい」と述べた。

伊勢新聞

最終更新:1/12(土) 11:00
伊勢新聞

あなたにおすすめの記事