ここから本文です

なぜ不正乗車を「キセル」と言うのか? 大正時代に「煙管乗り」という言葉も

1/12(土) 6:02配信

乗りものニュース

喫煙具が不正乗車を表す言葉に

 鉄道の不正乗車は、よく「キセル」と呼ばれます。

「キセル」は喫煙具の「煙管(きせる)」が由来。たばこは現在、刻んだ葉を紙で巻いたものが一般的ですが、昔は煙管を使って吸うのが主流でした。煙管は細い棒状で内部が空洞になっており、棒の一端にある「雁首(がんくび)」に刻みたばこを詰めて火をつけ、もう一端の「吸い口」から煙を吸います。

【画像】ひと目で分かる「キセル乗車」の由来

 通常、両端にある雁首と吸い口は金属を使用。そのあいだの「羅宇(らう)」と呼ばれる部分は、竹など金属以外の素材です。

 こうした煙管の構造が、不正乗車と結びつきました。

 不正乗車のひとつに「中間の運賃だけ払わない」というものがあります。A駅からB駅、C駅と経由してD駅まで移動するとき、「AからBまで」のきっぷと「CからDまで」のきっぷを用意。そしてA駅の改札は「AからBまで」のきっぷで入り、「CからDまで」のきっぷでD駅の改札を出る――すなわちA~B間とC~D間、両端の運賃は払うものの、その中間は払わない、というものです。

 この「両端の区間だけ運賃(お金)を払い、中間は運賃を払わない」という方法が、「両端だけ金」、つまり「両端だけ金属製」という煙管の構造に似ているということで、こういう不正乗車が「煙管乗り」「キセル乗車」と呼ばれるようになった、といわれています。

 そしていまでは、こうした「両端だけ金」の場合に限らず、鉄道の不正乗車全般を「キセル」と呼ぶようにもなったのです。

「キセル乗車」は戦前から悩みの種

 いつから不正乗車を表す言葉として「キセル」が用いられるようになったのか、はっきりしたことは分かりません。

 ただ、京都鉄道(現在のJR山陰本線)や阪鶴鉄道(現在のJR福知山線)の社員だった山内覚成氏が1925(大正14)年4月に発行した追想録に、「煙管乗り」という項目があります。その項で山内氏は「不正乗客といふ者は、浜の真砂と同様……紳士にでも、宗教家にでも、教育家にでも……昔も今も盡(つ)きる時はない」と語っており、「煙管=キセル」が不正乗車の代名詞として、古くから使われていたことを示しています。

 ちなみに、1931(昭和6)年9月17日付けの東京日日新聞によると、「定期券の不正乗客は厳重な検札の網をくぐって最近ますます増加」「東京付近だけでも一日八千人という驚くべき数に達する有様」だったといいます。

 いまでは、不正乗車の防止機能を盛り込んだ自動改札システムが普及しており、中間の運賃だけ払わないキセル乗車は大幅に減少しました。この防止機能を導入した阪急電鉄の場合、導入後1年間で約8億円の損失を防ぐことができたといいます(1996年12月3日付け読売新聞大阪朝刊)。

 しかし、別の方法による不正乗車は後を絶ちません。いまでも、不正乗車が発覚して多額の増運賃(事実上の罰金)を請求されたり、詐欺罪などで逮捕されたりするケースを、ときどき耳にします。不正乗車を行う人と、それを防止しようとする鉄道事業者の「いたちごっこ」は、いまも続いているのです。

草町義和(鉄道ライター)

あなたにおすすめの記事