ここから本文です

引退会見13日前の紅白リハで感じた純烈・友井雄亮の“破滅”への兆候

1/12(土) 11:09配信

スポーツ報知

 「好事魔多し」という言葉がある。良いこと、めでたいことがあるほど邪魔も入るという意味のことわざだが、私はいいことの後には落とし穴もあるという意味で捉えている。
 平均41・5%の好視聴率を記録した昨年大みそかの「第69回紅白歌合戦」に念願の初出場を果たした5人組男性歌謡グループ「純烈」のコーラスと振り付けを担当する友井雄亮(38)が11日夕方に緊急会見。10日発売の「週刊文春」が報じた交際女性へのDV、3000万円の使い込みなどのトラブルを理由にグループ脱退、芸能界引退を表明した。

【写真】涙を浮かべながら会見する友井雄亮

 「夢は紅白、親孝行」をスローガンに掲げてきた純烈。07年から苦節12年の活動の末、やっとたどり着いた晴れ舞台から、わずか11日後の引退会見。まさに天国から地獄としか言いようのない涙の会見の様子を見ながら、私には前述の「好事魔多し」の言葉とともに、会見13日前の昨年12月29日、朝から晩まで12時間以上に及んだ紅白歌合戦リハーサル取材の際の友井の表情が、唐突に思い出された。

 芸能マスコミ年末の恒例行事となっているのが、紅白本番当日を含めた3日間、200人以上の取材陣を集めて本番会場・NHKホールで行われるリハーサル取材。私もここ3年、早朝から午後9時を回るまで続く音合わせ、通しリハの様子を現場で取材してきた。

 特に25組以上の出場歌手たちが音合わせ後、順番に囲み取材に応じるリハ初日は各マスコミにとって、今が旬の歌手たちの肉声が間近で聞ける、とても貴重な時間となっている。

 特に純烈のような初出場歌手の場合、音合わせ後、NHKホールの廊下に敷かれた赤じゅうたんを歩き、待ち受けた約100台以上のカメラのフラッシュを浴びた後、NHKホール玄関前の階段で約1メートルの至近距離で取材記者たちの質問を浴びる瞬間。その時間こそ、まさに「登り詰めた」とも感じられる至福の瞬間ではないかと思う。

 そう、リハ初日の5人は明らかに“舞い上がって”いた。囲み取材前の写真撮影時点で、あらゆるポーズを取る大サービスぶり。笑顔でどんな格好もしてくれる彼らはカメラマンたちにとっても最高の獲物。延々と続く撮影タイムに階段前で待ち受けた記者たちの間からは「次もあるんだよ。早く来てよ」という苛立ちの声まで漏れていた。

1/2ページ

最終更新:1/16(水) 9:01
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事