ここから本文です

マクラクラン勉 前哨戦の複でV、全豪OPへ弾み<男子テニス>

1/12(土) 9:45配信

tennis365.net

ASBクラシック

男子テニスのASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、ATP250)は12日、ダブルス決勝が行われ、マクラクラン勉/ J・シュトルフ(ドイツ)組が第3シードのR・クラーセン(南アフリカ)/ M・ヴィーナス(ニュージーランド)組を6-3, 6-4のストレートで破り、優勝を果たした。

【マクラクラン勉 国籍変更の理由】

決勝戦、マクラクラン/ シュトルフ組は第1セットを先取。第2セットは先にブレークを許す展開から1時間5分で勝利した。

昨年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で4強入りしているマクラクラン/ シュトルフ組は、初戦で第4シードのL・クボット(ポーランド)/ H・セバリョス(アルゼンチン)組、準々決勝でM・ダニエル(オーストラリア)/ J・クールホフ(オランダ)組、準決勝で第1シードのO・マラチ(オーストリア)/ M・パビッチ(クロアチア)組を下し、決勝へ駒を進めていた。

最終更新:1/12(土) 9:54
tennis365.net

あなたにおすすめの記事