ここから本文です

アッキーナもびっくり! 誰もが二度見する「UX MODELLISTA CONCEPT」とはどんなクルマ?

1/12(土) 8:00配信

くるまのニュース

クルマ好きなアッキーナも驚きのモデリスタ仕様の「UX」

 正月名物として、毎年1月上旬に千葉県・幕張メッセで開催される『東京オートサロン』。毎回、ユーザーの度肝を抜くカスタム&チューニングを施したクルマがお披露目されます。 

新しいカスタマイズを提案するモデリスタのUXやアッキーナを画像で見る

 今回、自動車メーカーやアフターパーツブランドが展示するクルマのなかでも一際、注目されたモデルがあります。

 それは、トヨタ車のカスタムパーツを開発・販売する株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメントが、レクサス「UX」をベースに制作したモデリスタブランドのコンセプトカー『UX MODELLISTA CONCEPT』です。

 『クルマをもっとエモーショナルな存在に!』をコンセプトとし、モデリスタブランドとして次世代のカスタマイズを提案するべくお披露目された『UX MODELLISTA CONCEPT』。パッと見でもインパクトのあるフロントグリルに大型のディスプレイを設置することで、グラフィックによる演出を実現しています。

 今回のお披露目では、ゲストにアッキーナこと南明奈さんが登場。この「UX」ついて、開発デザイナーの森氏とトークセッションを繰り広げました。

 過去にトヨタ「ヴォクシー」をモデリスタ仕様にカスタムしたこともある南明奈さんは、色とりどりの映像が流れるディスプレイグリルを見て、思わず「すごい!!かっこいい!」と感激の様子です。

 ディスプレイをフロントグリルに採用した経緯について、『UX MODELLISTA CONCEPT』のデザイナー森氏は次のように説明しています。

「このディスプレイグリルは、『カタチ』で魅せるデザインではなく、『平面上に立体な映像を映し出す手法』でカスタマイズの可能性を提案するため、外装・内装・メーター類に採用されました。

 また、このコンセプトカーは、現時点では市販化の予定をしていませんが、ポップアップディスプレイのような内装用モニターなどの市販化を検討中です」

※ ※ ※

 ゲストの南明奈さんは、終始七色にひかるディスプレイグリルやフェンダーLEDに興味津々で、森氏から「ディスプレイには、好きな映像を流すことができます」と説明を受けると、「大好きなでんぱ組の映像を流したい!!」と興奮していました。

 近い将来、自分のお気に入り映像を流す新しい「カスタム方法」が主流となる時代が来るかも知れません。

 また、会場ブースには、アクティブな空間を提案するモデリスタ仕様の「ノア」、マイナーチェンジした「プリウス」のモデリスタ仕様とTRD仕様といったトヨタの人気車種を展示。

 そのほか、2004年の全日本GT選手権走行車両をベースにモディファイしたTRD仕様の「スープラ」、タフネスなスタイリングの「ハイラックス(TRD仕様)」も見ることができます。

 新しいカスタマイズの可能性を提案した「UX」やモデリスタ、TRDの各モデルは、2019年1月11日(金)から1月13日まで開催されている『東京オートサロン2019』で見てみましょう。

くるまのニュース編集部

あなたにおすすめの記事