ここから本文です

スカパラ新曲、エレカシ宮本の熱意と「幻の2行」

1/12(土) 7:02配信

BuzzFeed Japan

2019年でデビュー30周年を迎える、東京スカパラダイスオーケストラ。エレファントカシマシの宮本浩次をフィーチャリングした「明日以外すべて燃やせ」は大きな話題を呼んだ。実はこの曲には、レコーディング当日に差し替えた「幻の2行」があったという。作詞でバリトンサックスの谷中敦に創作秘話を聞いた。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

【画像】最近のスタートアップの記事、サムネ画像がアー写感すごいんだけどwww

10年物のメロディー

――作曲はキーボードの沖祐市さんですが、宮本さんとのコラボが決まってからつくられたのでしょうか。

歌詞はそうですが、曲の方は10年ぐらいストックとして温めてきた曲なんです。しっかり取っておいて、しかるべき時に、しかるべき人とやろうと。

ものすごく派手なメロディーというわけではないんですけど、とっても大事なメロディーだなってスカパラのメンバー全員が思えたので。

――10年物のメロディー。ワインみたいですね。

本当ですね。今回やっと封を開けることができた。聴いた感じはシンプルですが、歌うとなると実はとても難しいんです。

音域は広いし、サビのところで音程が少し下がるようなつくりになっていて、音程を取るのも容易ではありません。

宮本くんも「しっかり覚えます」と言ってくれて、本当に匍匐前進のように一行一行、一語一語、発音の仕方や発声の仕方も含めて、細かいところまで練り上げてくれました。

やっぱり普段、自分でつくったメロディーを歌ってる人なんで。カバーと違って、誰かが歌ったものを頭に入れて慣らすこともできないですから。

寝ても覚めても「宮本くんの顔」

――作詞はいつごろ、どのように取り組まれたのですか。

8月に中南米ツアーをしたのですが、みんなが食事に行く時も僕は「ちょっと歌詞が書けないので、部屋でやります」と断って。

書けないまま、夜寝る前に宮本くんの顔を思い出して、起きても宮本くんの顔が浮かんで…。夢のなかでもずっと悩んでいるような状態でした。

中南米ツアー中だったので、熱い歌詞になってる部分もありますね。

1/4ページ

最終更新:1/12(土) 7:08
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事