ここから本文です

錦織、引退表明のマレーは「とても悲しい。あんまり受け止めていない」<全豪オープン>

1/12(土) 11:15配信

tennis365.net

全豪オープン

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)に第8シードで出場する錦織圭は12日の会見で、前日に今シーズン限りで引退すると発表した元世界ランク1位のA・マレー(イギリス)について「とても悲しい。あんまり受け止めていない」と語った。

【錦織ら全豪OP対戦表】

これまでマレーと何度も激闘を演じてきた錦織は「学んだことは多かったです。盗んだところもあったりする。こういう形は残念」と口にした。

続けて「すごく努力家でもあったと思う。かわいそうというか、悔しいというか、いろんな気持ち」とキャリア通算45勝、四大大会では3度優勝しているマレーの引退を悔やんだ。

マレーは状況次第で、今大会が最後に出場する大会の可能性もあるとしている。

錦織は予選から勝ち上がってきた世界ランク176位のK・マイクシャク(ポーランド)、マレーは第22シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)と初戦で対戦する。

最終更新:1/12(土) 13:07
tennis365.net

あなたにおすすめの記事