ここから本文です

「受けたい」「興味がある」社会人が増えている!? 学びなおしのコスト

1/12(土) 19:50配信

ファイナンシャルフィールド

働き方が多様化している昨今。業務や職場環境が大きく変化したり、キャリアアップを念頭においたときに「勉強しなきゃ」と痛感する人は多いのではないでしょうか。文部科学省が調査した「社会人の学び直しに関する現状等について」では、社会人の89%が再教育を「受けたい」「興味がある」と回答しています。

社会人になって、あらためて「学ぶ」ということを考えたとき、習い事や通信講座、社会人枠で大学に入学するなどといった選択肢があります。学びの方法も多様化しており、そこにかかるコストもさまざまです。

もし、あなたが今から何か目的を持って、もしくは何かを探しに学び直すとすれば、どれくらいのお金がかかるのでしょうか。

大学など学校に通ってしっかりと学ぶ

より専門的に学ぶのであれば、大学や大学院に入学する方法があります。

これは明快な方法ではありますが、言わずもがな、費用も期間も、そして卒業や修了するためにはエネルギーもかかります。ただ、専門的な知識がある先生から学べるのはもちろんのこと、仲間のいる環境で刺激しあいながら学ぶことは、何よりも身になるという考え方もできます。

具体的な費用は、初年度にかかる費用がおよそ80万~130万円。四年制大学を卒業しようと考えると、私立・国立、そして学部によってまったく異なりますが、数百万円単位で学費が必要になります。

ただし、社会人を優遇する学費制度が設けてられていたり、奨学金制度がある大学もあるので、綿密に計画を立てて考えていくことが重要なようです。

通信講座で必要なことを学び資格取得などを目指す

大学などへ通学することと比べると、時間やエネルギーは多少抑えられます。しかし、やはり目的とする資格取得などを考えると、こちらもハードルの高い手段ではあります。

費用は、こちらも何を目指すか、何のコースを選ぶかなどでまったく異なりますが、数万円程度といった価格帯が多いようです。資格試験対策の講座も受けられたりと、明確な資格を目指すにはスタンダードで、やりやすい方法だと思います。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事