ここから本文です

ムニルのセビージャ移籍決定、バルサは移籍金得て満足

1/12(土) 11:18配信

SPORT.es

11日(金)、FCバルセロナとセビージャは、105万ユーロ(約1億3,000万円)でムニル・エル・ハダディの移籍に合意した。

指揮官バルベルデ ムニルに直接“戦力外”を告げる

6月にムニルとの契約が満了となることを考慮するとバルサにとっては有益だったと言える。

ムニルの売却を今冬の移籍マーケットで進めていたバルサは、ムニル自身がセビージャを選択し、全員が合意のもと契約締結となった。

セビージャはムニル獲得をアレイクス・ビダルとの抱き合わせで考えていたが、最終的にムニルだけの獲得がここまでで現実となっている。

ムニルはセビージャの監督パブロ・マチンの強い要望でチームに加入し、ルイス・ムニエルがフィオレンティーナに移籍したセビージャの攻撃陣の補強となった。

なお、ムニルはバルサで数ヶ月にわたり構想外となっていた自身のキャリアの軌道修正を望んでいる。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:1/12(土) 12:45
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事