ここから本文です

愛知の高校でも人の骨? 教材で保管

1/12(土) 6:57配信

CBCテレビ

 愛知県の2つの県立高校で、人の全身の骨と見られるものが教材として保管されていたことが分かりました。

 人の骨と見られるものは、大府市の桃陵高校に2体、豊田市の豊田西高校に1体のあわせて3体見つかりました。

 愛知県教育委員会によりますと、いずれも人の全身の骨とみられ、教員の間では「本物の人の骨」として引き継がれていて、桃陵高校では1体について「実物骨格」として備品登録されていました。

 愛知県教育委員会は「教材であり事件性はないと考え、警察に届けを出す予定はない」と話していて、今後の対応を検討することにしています。

 この問題を巡っては、鹿児島県や大分県の高校でも人の頭蓋骨が見つかっています。

最終更新:1/14(月) 9:06
CBCテレビ

あなたにおすすめの記事