ここから本文です

七色放水で防災PR

1/12(土) 10:35配信

沖縄タイムス

【北部】国頭、大宜味、東の3村で組織する国頭地区行政事務組合消防本部は6日、国頭村辺土名の同本部で出初め式を開いた。消防職員と団員、女性防火クラブが日頃の訓練の成果を披露した。

 管理者の宮城久和国頭村長、副管理者の宮城功光大宜味村長と伊集盛久東村長がそろって特別点検した。

 喜如嘉保育所園児のダンスや、消防団による七色放水もあった。

 宮城国頭村長が「あらゆる災害から住民の安全・安心を確保するのは行政の根幹で、地域の消防団がそれを支えている」と謝意を述べ、やんばるの森の世界自然遺産登録が実現すれば多くの観光客が見込まれ、消防の重要性も増してくると激励した。

 各表彰の受賞者は次の通り。(敬称略)

 【管理者表彰】オクマプライベートビーチ&リゾート、山本智子、辺土名朝英【県知事表彰】前田潤一、玉城長勇【県消防協会長表彰】玉城力、末石真利子

最終更新:1/12(土) 10:35
沖縄タイムス

あなたにおすすめの記事