ここから本文です

準備投球制限撤廃など9項目改正へ 野球規則委員会

1/12(土) 8:06配信

日刊スポーツ

プロアマ合同の日本野球規則委員会が11日、都内で開かれ、19年は公認野球規則の9項目について改正されることになった。いずれも1年前に米メジャーで改正された項目で、今月25日ごろに文章で発表する。

【写真】ベンチ横でキャッチボールをするDeNA東

大きな改正点は、各回はじめの投手の準備投球数について(同規則5.07(b))。イニングはじめに投手は8球以内、1分以内まで準備投球が認められているが、この制限を撤廃する。その代わり、ベンチ横やブルペンで行われてきたキャッチボールの禁止を徹底する。

味方の攻撃中にベンチ横などでキャッチボールを行うのは、日本独自の習慣。中本尚規則委員長は「あえて言うが、悪い習慣と思う。東京オリンピックで金メダルを目指している。他の国でやっていることをできないはずはない」と、禁止徹底を掲げた。昨季も社会人と東京6大学など一部大学リーグは禁止していた。納得いくまで準備投球できるのだから、キャッチボールは行わないように、というのが改正の主眼だ。

各連盟のルールが優先されるため、プロは従来どおり準備投球は5球までで、ベンチ横のキャッチボールも禁止されない。

ただ、NPBの井野修野球規則委員は「近い将来、プロ側にも(禁止を)伝えたい」と話した。【古川真弥】

最終更新:1/13(日) 16:30
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事