ここから本文です

「Java」と「JavaScript」--企業向けプログラミング言語として今も人気の理由

1/12(土) 8:00配信

ZDNet Japan

 Cloud Foundry Foundationの調査によると、「R」や「Python」といったプログラミング言語が急速に成長する一方で、今でもエンタープライズの世界では「Java」と「JavaScript」が主流の言語になっているという。

 Cloud Foundry Foundationの最高技術責任者(CTO)であるChip Childers氏は、よりアジャイルで柔軟な技術へのシフトが進んでいることから、多くの企業は複数の言語を活用していると語る。それでもJavaとJavaScriptが結局は常にトップの座に立っているようだ。

 「クラウドネイティブを実践することで、大企業の開発者は機能的なニーズを最も満たす言語が選べるようになった。こうした中われわれの調査にて、クラウドネイティブアプリケーションの開発において最もよく選ばれている言語がJavaとJavaScriptであることがわかった」と、Childers氏はプレス向けのメールにて述べている。

(本記事は、TechRepublic Japanで2018年9月5日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます。)

最終更新:1/12(土) 8:00
ZDNet Japan

あなたにおすすめの記事