ここから本文です

2019年最初の総合ランキングはiPhone勢の圧倒的優勢でスタート

1/13(日) 9:31配信

ITmedia Mobile

 2018年12月3日週から続くiPhone勢による独占状態は、2019年最初総合ランキングでも変わらず。順位変動はあるものの、3週続いてトップ10は同じ顔ぶれとなった。トップ3は「iPhone 8(64GB)」ががっちりと守り55週連続。残りを「iPhone 6s(32GB)」「iPhone X(64GB)」「iPhone XR(64GB)」「iPhone XR(128GB)」が固めている。

「iPhone XR」でランクインした容量

 3キャリアランキングではそれぞれiPhone勢がトップ10のうち6と過半数を占めており、またトップ3も全てiPhone勢。これは2018年最初のランキングの状況と似ているが、iPhone勢の占有率で見ると、NTTドコモ以外は全て2019年が上回っており、圧倒的な優勢といえる。

 ドコモのランキングは1位から5位まで前回と同じ並び。トップ3は6週間動いていない。iPhone 8(64GB)は56週連続トップ。2位iPhone X(64GB)、3位iPhone XR(64GB)となっている。4位は「Galaxy S9 SC-02K」、5位は「AQUOS sense2 SH-01L」。iPhone勢は1位、2位、3位、7位、9位、10位を占めている。
 auランキングは前回と同じ顔ぶれで、5位以下が少し入れ替わった程度。1位から4位までは5週連続で動きがない。1位のiPhone 8(64GB)は57週連続。2位iPhone XR(64GB)、3位「iPhone XR(128GB)」、4位「iPhone XS(256GB)」および6位「iPhone XS(64GB)」、9位「iPhone 7(32GB)」がiPhone勢だ。

 ソフトバンクのランキングは、これで8週続いてトップ10の顔ぶれに変化がない。1位から6位までは前回と同じ並びだ。1位のiPhone 8(64GB)は56週連続。2位iPhone XR(64GB)、3位iPhone XR(128GB)、4位iPhone XS(256GB)、5位「iPhone XS(64GB)」、そして9位「iPhone XS Max(256GB)」(前回7位)がiPhone勢だ。
※この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。※販売ランキングデータの無断転載を禁止します。

ITmedia Mobile

最終更新:1/13(日) 9:31
ITmedia Mobile

あなたにおすすめの記事