ここから本文です

【大相撲初場所】稀勢の里は初日黒星 横審・北村委員長「不安になる」

1/13(日) 19:22配信

東スポWeb

 大相撲初場所初日(13日、東京・両国国技館)、進退をかける横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が小結御嶽海(26=出羽海)に押し出され、いきなり黒星を喫した。

 取組後は「修正する? そうですね。ここから? そうだね」と悔しさを押し殺すように言葉を発した。横綱昇進以降、黒星発進となった過去5場所は全て途中休場。引退危機からの脱出に早くも“黄信号”が点灯した。

 この日は横綱審議委員会による場所総見が行われ、初日の取組を視察。北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は「残念ですね。まだ初日なので『これからある』と言っても…。(最後まで)場所を全うできるか不安になる。でも、頑張ってほしい。これだけ皆(ファン)が応援しているんだから」と和製横綱に奮起を促した。

最終更新:1/13(日) 19:22
東スポWeb

あなたにおすすめの記事