ここから本文です

「アビス・ホライズン」、配信継続を明言 運営はMorningTec Japanから開発会社へ

1/13(日) 19:17配信

ねとらぼ

 MorningTec Japanが「アビス・ホライズン」の公式サイトで、セガ・インタラクティブおよびC2プレパラート(以下、「艦これAC」運営)の仮処分命令申し立てに関する詳細を報告しました。配信継続も改めて明言しています。

【画像】艦これ運営側の発表

 「艦これAC」運営は2018年7月11日、「艦これアーケード(艦これAC)」の権利を侵害しているとしてスマートフォン用ゲーム「アビス・ホライズン」の配信差し止めを求め、東京地方裁判所に対し仮処分命令申立てを行いました。しかし、2019年1月11日「艦これAC」運営はMorningTec Japanから「アビス・ホライズン」の配信・運営から撤退するとの告知を受け、申し立てを取り下げる予定との声明を公式サイトに掲載していました。

 その後、「アビス・ホライズン」運営は公式Twitter上で「日本国内で法を厳守して運営事業を継続する」と告知。このツイートでは運営の引き継ぎについて明言されていませんでしたが、今回の発表によると「審尋期日(12月19日)にMorningTec Japanがセガらに対し今後は開発会社がアビス・ホライズンを配信継続する予定であると説明」とあり、現在のアビス・ホライズン運営は、配信差し止めを求められたMorningTec Japanから開発会社に移っていると見られます。

 アビス・ホライズン側の説明によると、12月4日に「艦これAC」運営側から和解協議を行いたいとの申し入れがあり、アビス側は7日にこれを了承。また13日時点でアビス・ホライズンの開発会社からMorningTec Japanに対して運営権限の移譲要請(日本進出のためとのこと)があり、12月19日の審尋期日で「艦これAC」運営側に「運営が変わること、サービスは継続すること」を伝えたとのこと。その後は既報の通りで、「艦これAC」運営側は1月11日に、申し立て取り下げ予定である旨を発表。アビス側の説明通りであれば、「艦これAC」運営側は、サービス継続について納得したうえで申し立て取り下げの発表を行ったということになります。

 「艦これAC」運営側は1月11日に「目的が完遂された」と発表していました。当初「艦これAC」運営側が申し立てを行った目的は“アビス・ホライズン配信差し止め”でしたが、アビス・ホライズンの運営が変わっただけで目的が完遂されたといえるのか、疑問が残る形となっています。

ねとらぼ

最終更新:1/14(月) 3:41
ねとらぼ

あなたにおすすめの記事