ここから本文です

指原莉乃 NGT山口暴行問題を「うやむやにしては絶対にいけない」とTVで主張

1/13(日) 10:19配信

デイリースポーツ

 HKT48の指原莉乃(26)が13日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演し、NGT48の山口真帆(23)が昨年12月、新潟市内の自宅で男性2人から暴行された問題について「このままうやむやにしてはならない」と訴えた。

 指原はこの問題を「彼女の映像(山口が8日夜に動画配信サイト『SHOWROOM』で配信した映像)で知ったので、私たちも知らされていなかった」と、暴行が48グループのメンバーに隠されていたことを説明。

 「全ての対応が酷かったように感じます。彼女に対する対応の仕方もそうですし。運営側が。こうなってしまった後の対応も、全てが間違っていたなって思います」と、NGTの運営を厳しく批判。

 「どうにかしてあげることはできなかったのかなと思うし、私がツイッターでちょっと運営に対する批判めいたことを書いたことを、ガス抜きとして思われて、運営がそれでもういいのかなと思われるようなことは絶対にいけないし、このままうやむやにしては絶対にいけないことだと思います」と、運営にクギを刺した。

 NGTを運営するAKSは10日にコメントを発表しているが、指原は「今回私が一番問題だと思ったのは、とにかく誰がトップなのか、誰が仕切ってるのか、ホントに私ですら分からない状態なんです。今回の運営のコメントも誰の名前も出ず、誰の顔も出ず、誰が書いているのかも分からないコメントを中途半端に出した。これが、誰が仕切っていて、こういう時に誰がコメントを出すのか、誰が一番最初に動くのかっていうのを仕切らないと」と、責任の所在を明確にするように求めていた。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事