ここから本文です

張本勲氏、巨人・長野の広島入りは「いい選択だった。原監督も緒方監督もしたたか」

1/13(日) 9:35配信

スポーツ報知

 野球評論家の張本勲氏(78)が13日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。巨人にFA移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償として広島入りした長野久義外野手(34)を評価した。

【写真】長野の移籍について語った巨人・原監督

 張本氏は長野の広島入りを「いいですよ、これは。原監督も緒方監督もしたたかですよ」と評価し「丸が抜けたでしょ。長野は三拍子そろったいい選手なんですよ。ケガでちょっと出遅れたけどね」とし「来年からFAで巨人、本人が来ることもできますからね。私はいい選択だったと思いますよ」と繰り返した。

 司会の関口宏(75)から長野が「巨人一筋の人でしょ?」と聞かれると「そうですよ。2回も断ってるんだから入団する時には」と張本氏が答え「だったらムッとしてませんか?」と関口が突っ込むと「いや、それがね談話が本心なら立派なもんですよ」と返答した。

 長野が移籍に際し「3連覇している強い広島カープに選んでいただけたことは選手冥利に尽きます。自分のことを必要としていただけることは光栄なことで、少しでもチームの勝利に貢献できるように精いっぱい頑張ります」とコメントしたことを絶賛した。一方で関口が「本心じゃなかったら何考えているんですか?」と聞かれ「腹煮えくりかえるでしょ」と張本氏は答えた上で「球団によるんですよ。広島だから良かった。下位球団に指名されると面白くない」と示していた。

最終更新:1/13(日) 9:44
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事