ここから本文です

ロッテ田村の“戦術”を他球団選手が次々と暴露「おちょくってきます」TVで

1/13(日) 14:49配信

デイリースポーツ

 ロッテ・田村龍弘捕手が12日、TBS系「ジョブチューン『超一流プロ野球選手はスゴい!だけじゃなくこんなに面白かったんだ!』SP!!」に出演。マスク越しに行う“ささやき戦術”の内容を暴露された。

 昨季は全143試合に出場した正捕手。試合中の裏話として、日本ハム・杉谷が田村について「『来たぞ、来たぞホームランバッター』とかおちょくってきます」と、切り出した。

 ふたりに面識はないというが、杉谷は「試合開始と同時におちょくってくるから、ずっとそのやり取りが始まるんです。『おい、何で変化球でくるんだよ』と言うと、『どうせ見逃すでしょ?』って。ささやき戦術どころか会話している」と、グラウンド上でのやり取りを明かした。

 対象になっているのは杉谷だけでなく、ソフトバンク・上林は「打席入る前に田村さんが、『こいつセコいからセーフティーしてくるぞ』とかそういうことばかり言ってくる」と、証言。楽天・銀次も「ずっとしゃべってます。この辺までしゃべっています」と、スイング途中のインパクト寸前まで揺さぶってくるとした。

 苦笑いの田村は「ピッチャーが甘いところ投げると、『アッ!』とか言っています」と認め、「大体全員に話しかけて、返してくれる人はずっと話しかけます」とうなずいた。

 ささやき戦術は、名捕手だった野村克也氏も行っていたことで有名。相手打者を動揺させ、集中力をかき乱す狙いがある。

あなたにおすすめの記事