ここから本文です

遠藤、土俵際かわして逆転「もっともっと動けるようにやるだけだと思う」

1/14(月) 6:06配信

スポーツ報知

◆大相撲初場所 初日 ○遠藤(突き落とし)宝富士●(13日・両国国技館)

 自己最高位で迎えた金沢市出身の東十両8枚目・炎鵬(24)=宮城野=が会心の相撲で白星発進だ。西同7枚目・明瀬山(33)=木瀬=を下手出し投げで下した。石川・穴水町出身の西前頭9枚目・遠藤(28)=追手風=も、東同10枚目・宝富士(31)=伊勢ケ浜=を突き落として白星スタート。一方、富山市出身で富山商高OBの西同8枚目・朝乃山(24)=高砂=、石川・七尾市出身の東同12枚目・輝(24)=高田川=は敗れ、富山・石川勢の4関取は明暗が分かれる滑り出しとなった。

 まさに“土俵際の魔術師”だ。遠藤は低く当たってのど輪で攻勢に出た。だが宝富士に回り込まれ、土俵中央で少し動きが止まった。数呼吸後、強引に前に出てきた相手に土俵際まで追い込まれたが、最後は右足1本でヒラリとかわして逆転。見事な身のこなしで3場所ぶりの白星発進だ。

 支度部屋では「勝ったので良かった。もっともっと動けるようにやるだけだと思う」と落ち着いた表情。まず目指すは勝ち越し。そしてその先に昨年夏場所以来の三役復帰を見据える。「しっかり明日に備えて準備するだけ」と2日目に気持ちを切り替えていた。

最終更新:1/15(火) 20:57
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事