ここから本文です

ウソをついた? 「歴代大統領も“国境の壁“を支持」と主張するトランプ大統領に、元大統領たちがクレーム

1/13(日) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

アメリカのトランプ大統領は先週、国境に壁を築く自身のアイデアについて、歴代大統領たちも非公式に支持を表明していると主張したが、これを裏付ける証拠はない。
「トランプ大統領と国境の壁について話し合ったことはなく、この問題でわたしは彼を支持しない」と、ジミー・カーター元大統領は声明で述べた。
ビル・クリントン元大統領やジョージ・W・ブッシュ元大統領も同様のコメントを出している。
バラク・オバマ前大統領に至っては、2017年の大統領就任式以来、トランプ大統領と言葉を交わしていないと報じられていて、トランプ大統領の移民政策には反対だと繰り返し明言している。

【全写真を見る】ウソをついた? 「歴代大統領も“国境の壁“を支持」と主張するトランプ大統領に、元大統領たちがクレーム

トランプ大統領は先週、メキシコとの国境に壁を築く自身のアイデアについて、歴代大統領たちも非公式に支持を表明していて、これまで建設してこなかったことを後悔していると主張したが、これが事実だと裏付ける証拠はない。
「(壁の建設は)わたしの前任の全ての大統領がなすべきだったことで、彼らは皆、それを分かっている」
トランプ大統領は1月4日(現地時間)、ホワイトハウスで開かれた記者会見で語った。
「中には、もっと早くやるべきだったとわたしに語った者もいる」
だが、ジミー・カーター元大統領は7日、メキシコとの国境沿いに巨大な壁を作るトランプ大統領の計画を容認したことなどないとの声明を出した。壁の建設計画は、トランプ大統領が2016年の大統領選のキャンペーン中からこだわっているものだ。
カーター元大統領は「トランプ大統領と国境の壁について話し合ったことはなく、この問題でわたしは彼を支持しない」と述べている。

ビル・クリントン元大統領やジョージ・W・ブッシュ元大統領の広報担当者も、同様のコメントを出している。
クリントン元大統領の広報担当、エンジェル・ウレーニャ(Angel Urena)氏はポリティコに対し、クリントン氏はトランプ大統領と国境の壁について「話したことはない」と述べ、「実際、大統領就任式以来、2人は言葉を交わしていない」と付け加えた。
ブッシュ元大統領の広報担当、フレディー・フォード(Freddy Ford)氏も、ブッシュ氏が壁についてトランプ大統領と話をしたことはないとポリティコに語っている。

そして、バラク・オバマ前大統領も2017年の大統領就任式以来、トランプ大統領と言葉を交わしていないと報じられている。
INSIDERはオバマ前大統領にコメントを求めたが、回答は今のところ得られていない。しかし、オバマ氏は国境の壁の建設を含め、トランプ大統領の移民政策には反対だと繰り返し明言している。
オバマ氏は2016年に、「国境沿いに果てしない壁を建設し、我々の課題を移民のせいにすることができると言うのだろうか ― これは、世界のメルティング・ポット(人種のるつぼ)としての我々の歴史に矛盾するだけではない。これはわたしたちの、世界中の努力を惜しまない人々を引きつけることのできる力によって、わたしたちの成長、イノベーション、ダイナミズムが、常に促進されてきたというエビデンスに反するものだ」と言い、「わたしたちはこうして、アメリカになった。なぜそれを今、ストップさせたいのだろうか? 」と語っている。
トランプ大統領は、国境に壁を作る計画を自身の移民政策の中心に据え、壁の建設こそが不法移民とそれに付随する問題を解決する、絶対確実な手段だと繰り返し主張してきた。
壁の建設費用を求める大統領と、連邦議会でそれに反対する民主党。これが一部政府機関の閉鎖につながり、2週間以上が経った今も、終わりは見えない。
トランプ大統領は大統領選のキャンペーン中から、数々の移民に関する誤った主張を繰り広げてきた。国境の壁については、特に熱心だった。歴代大統領たちが自身の計画を支持しているというトランプ大統領の主張は、移民問題を含めさまざまな問題について、大統領が述べてきた数多くの虚偽発言のリストにもう1つ、新たな発言として加えるものだ。
INSIDERはホワイトハウスにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

[原文:Jimmy Carter slaps down Trump's claim that past presidents privately supported a border wall]
(翻訳、編集:山口佳美)

最終更新:1/13(日) 8:10
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事