ここから本文です

森保ジャパン次戦・オマーン代表監督は“日本負けなし”「日本サッカーは好き。だが弱点もある」

1/13(日) 15:00配信

テレ朝POST

1月9日に日本代表の初戦が行われた「サッカーAFCアジアカップ2019」。各グループで初戦は強豪国が次々と苦しめられる展開が続くなか、日本代表も厳しい戦いを強いられた。

初戦の相手は、FIFAランク127位(日本は50位)である格下のトルクメニスタン。しかし日本は、前半に強烈なミドルシュートで先制を許し、0‐1で後半を迎える展開に。

後半、大迫勇也、堂安律らのゴールで3点を奪い、逆転勝利を収めたが、最終的な結果は3‐2と“薄氷の勝利”とも報じられる一戦目となった。

今日1月13日に行われる第2戦の相手は、FIFAランク82位のオマーン。

日本にとっては格下の相手だが、初戦でウズベキスタンに敗れているオマーンは、背水の陣、絶対に負けられない戦いとして挑んでくるため、アジアカップならではの激しい戦いが繰り広げられそうだ。

日本を知り尽くしたオマーン代表監督

日本とオマーンはこれまで国際Aマッチで11回戦っており、戦績は日本の8勝3分。

一度も負けたことはないが、8勝の内6勝は1点差での辛勝というデータが残っており、警戒すべき相手だ。

そして、今回は日本にとって“厄介な”存在がいる。それは、オマーン代表のピム・ファーベーク監督だ。

ファーベーク監督は、大宮、京都とJリーグのクラブで監督を歴任。さらには、韓国代表とオーストラリア代表を率いて日本と対戦した経験もある人物なのだ。

韓国代表では、2007年のアジアカップ・3位決定戦でPK戦の末にオシムジャパンに勝利し、オーストラリア代表でも、W杯南アフリカ大会のアジア予選で岡田ジャパンに1勝1分。

日本サッカーに造詣が深いうえ、代表戦では日本に対して負けなしの成績を収めている。

また、ファーベーク監督は、2017年に行われたペルシア湾岸諸国の代表による国際大会・ガルフカップでオマーン代表を優勝に導いており、国民的な人気を得ている。

国民の期待と応援を背に、日本戦は緻密に勝利を目指してくるだろう。

1/2ページ

最終更新:1/13(日) 16:59
テレ朝POST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事