ここから本文です

スーパーのバイト、実家の学習机が作業場。岡崎体育、ネットでバズる人気ミュージシャンの素顔

1/13(日) 10:17配信

BuzzFeed Japan

ミュージシャン、岡崎体育。NHKでドキュメンタリーが放送され、連続テレビ小説『まんぷく』で俳優デビューも果たした。YouTubeにミュージックビデオを投稿すれば1000万回再生され、Twitterは46万フォロワーを抱える人気者だ。今年6月9日(日)には、1万6000人を収容するさいたまスーパーアリーナでライブを開催する。そんな彼は、今でも京都の実家で音楽制作に励み、地元のスーパーにアルバイトとして籍を置いている。【BuzzFeed Japan / 嘉島唯・志谷のぞみ】

岡崎体育の「話題」のMV【動画】

学習机の上で作ってきた音楽

「カメラ目線で歩きながら歌う、急に横からメンバーでてくる」といった、ミュージックビデオあるあるを歌う。「ブス?否 、美人」という日本語を、まるで英語のように発音してみる。Tweetしては、すぐに数万RTを稼ぐ。

メジャーデビューして2年が経ったが、楽曲制作の場所は今も変わらず宇治の実家。狭い学習机の上で試行錯誤しながら作る。

「使ってる鍵盤も3オクターブぐらいしかない、すごいちっちゃいキーボードなので、やれることの制限はある。でも、この机でずっと作ってきてたから慣れているんです。僕にとってはベスト」

大学受験の赤本、びっしり敷き詰められたドラゴンボールのマンガ、ゲームボーイ。布団を敷く場所を確保するので精一杯の広さだ。

「8オクターブぐらいあるデカいキーボードを買ったとしても置けないんですよね、部屋に」

劣悪な環境だと笑いながら話すが、引っ越す気はない。

「できる限り田舎で暮らしながら音楽を発信するっていうのが指針なんです。地方にいるから東京に向けて牙むいてる感じが出せる」

実家にいると家事をしなくていい分、長い時間を制作にさける。これも一人暮らしをしない大きな理由だ。

家に帰ると母の作った食事がある。ふるさと納税で想定外に届いたレンコンは、思ったよりも親孝行になってるのかもしれない。台所におかれた小さなテーブルで夕食をとる。

「晩飯を家族と食べてたら『まんぷく』のCMに僕が出てたり、自分が作った『ポケモン』のオープニングが流れたり。岡崎体育が普通にテレビに出てくることもあります」

自分の活躍を喜んでくれるのはなんとなく知っている。けれども、ちゃんと話を聞いたことはない。大事に育ててもらっているのは、家族が寝静まった後、台所に置かれた料理を見るたびに実感する。

「今年30歳になるんですけど、今までずっと甘えた環境でやらせてもらってて。とはいえ、僕は一人っ子なので、親も家にいて欲しいって言ってますね」

食事を終えると自室に戻って楽曲制作に明け暮れる。たまに地元の友達とゲームをする。

「ミュージックデスクじゃなくて学習机。ダサい環境じゃないと、ダサい音楽は作れない。ダサい音楽を作りたい」

1/3ページ

最終更新:1/13(日) 10:17
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事