ここから本文です

イオン北浦和店で防災ミニイベント さいたま市職員が防災アドバイス 市PRキャラ「ヌゥ」も登場

1/13(日) 10:31配信

埼玉新聞

 イオン北浦和店(埼玉県さいたま市浦和区)は16日から19日まで、さいたま市と提携して防災ミニイベントを開催する。

インフルエンザ、患者数が増加 県が流行注意報 マスク着用や手洗い、適度な湿度の保持など呼び掛け

 阪神淡路大震災が発生した時期に合わせイベントを実施することで、市民に防災意識を高めてもらうのが狙い。

 会場では、大きな揺れを感じると電気を自動的に止める「感震ブレーカー」の紹介や防災パンフレットの配布、避難のための「非常持出品」「備蓄品」の展示などが行われる。展示に関する必要な知識について、さいたま市職員から具体的なアドバイスを受けることもできる。

 また、イオン北浦和店で販売している「ローリングストック」(日常的に食べて買い足すを繰り返し、非常食として備えること)商品の販売も行う。

 最終日の19日には、さいたま市PRキャラクターの「ヌゥ」が登場。写真撮影や握手にも応じるという。

 イオン北浦和店の阿部徹CS同友店販促課長は「イオン北浦和店では初めての防災イベント。日頃の備えの重要性を感じていただければ」と話している。

 問い合わせはイオン北浦和店(電話048・822・3921)へ。

=埼玉新聞WEB版=

最終更新:1/13(日) 10:31
埼玉新聞

あなたにおすすめの記事