ここから本文です

火渡り修行に大勢の参拝者 天台宗比叡山の格式高い末寺・小川厄除大師で行われる 無病息災を願う

1/13(日) 10:31配信

埼玉新聞

 毎年多くの初詣客でにぎわう埼玉県小川町の「小川厄除大師」(普光寺)で、新年の行事「採燈大護摩供・火渡り修行」が行われた。

大勢の参拝客にぎわう 秩父で虚空蔵尊縁日、縁起物の「お宝」売る露店並ぶ 威勢いい露天商が掛け声

 山伏修行の後に、新年の多幸を祈願する一般の参拝者も参加でき、昨年、地域住民の要望を受けて数年ぶりに復活。大勢の参拝者が白煙が上がる護摩の残り火の上をはだしで歩き、無病息災などを祈願した。

 普光寺は江戸時代の1645(正保2)年に開基された天台宗比叡山の格式高い末寺で、地元では「中爪の大師さま」として親しまれている。

最終更新:1/13(日) 10:31
埼玉新聞

あなたにおすすめの記事