ここから本文です

メッシ 前人未到のリーガ通算400得点に王手

1/13(日) 11:21配信

SPORT.es

レオ・メッシは今週の日曜日(日本時間14日月曜日2:30)にカンプ・ノウでエイバル戦でリーガ通算400ゴールを達成することが期待されている。
アルゼンチン人は434試合に出場し399ゴールを挙げている。

レアルに恥をかかせるメッシ、驚異的な記録とは

メッシは、2004年10月16日のエスパニョール戦でリーガデビューを飾り、初ゴールは2005年5月1日のアルバセテ戦であった。それ以降、驚異的なペースで得点を積み重ねてきた。

バルサのクラックは、2014年11月22日のセビージャ戦(5-1)でハットトリックを達成し、当時のリーガ最多得点記録を持っていたテルモ・サラの252得点を破った。

D10S(メッシを表す造語)は、カンプ・ノウで399ゴールのうち230ゴールを記録している。217試合で230得点し、そのうち183試合で勝利し、22の引き分けと12試合で敗れている。

アウェーでの試合では142勝48分け27敗の戦績で、同じく217試合で169得点を奪っている。

■1ゲームあたり平均0.92ゴール
リーガのメッシの統計は素晴らしいの一言である。
彼は434ゲームをプレーし、399ゴール(1試合平均0.92ゴール)を記録し、325勝(74.88%)と70の引き分け(16.12%)、39の敗戦(8.98%)という数字を残している。

出場434試合でメッシは、386試合(88.94%)で先発し、48試合(11.05%)で途中出場している。

メッシがリーグで最も多く対戦している相手はアトレティコ・マドリーとバレンシアで共に25回である。
アトレティコに対しては16勝を挙げ、バレンシアからは14回勝利している。

レオ・メッシがより多く得点を挙げているチームは25ゴールのセビージャだ。
続いてアトレティコの(23)、バレンシア(22)、オサスナ(21)、そしてデポルティーボ・ラ・コルーニャとエスパニョール(20)となっている。

リーガ通算400ゴールに迫るレオ・メッシの主な記録は以下の通り。

試合数:434
ゴール数:399
プレー時間:34,859(分)
勝利:325
引き分け:70
敗北:39
先発試合:386
途中出場:48

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:1/13(日) 11:21
SPORT.es

あなたにおすすめの記事