ここから本文です

レアル・マドリーの第3GKがイングランド移籍間近

1/13(日) 12:10配信

SPORT.es

レアル・マドリーのGKキコ・カシージャは、マルセロ・ビエルサが指揮を執るリーズ・ユナイテッドへの移籍が間近と迫っている。

アーセナルがレアルのGKナバス獲得へ 交渉をスタート

レアル・マドリーとリーズ・ユナイテッドは、数日以内に結末を迎えるであろうオペレーションの交渉を行なっていると『Sky Sports』は報じている。

今シーズン、レアル・マドリーの公式戦では1度も出場がないキコ・カシージャは、冬の移籍市場でチームを去り、イングランドでのキャリアをスタートさせる準備ができている。

『Sky Sports』は、マルセロ・ビエルサのリーズがレアル・マドリーとの契約が2020年の6月30日で満了となるキコ・カシージャと既に交渉を行う一方で、マドリーの幹部とも交渉を行なっていると報じた。

彼の前にはティボー・クルトワとケイラー・ナバスという一線級の強者が立ちはだかり、キコ・カシージャはレアル・マドリーでプレーする選択肢がなく、移籍先を探すことが最善の方法だということを自覚している。

彼はレアル・マドリーの第3GKであり、ルニンの今後のレンタルバックは、彼の状況を更に厳しくするかもしれない。

キコ・カシージャが数日以内に、加入前のメディカルチェックを受けるという報道も出ている。

リーズ・ユナイテッドは現在チャンピオンシップ(イングランド2部)の首位に立ち、プレミアリーグ昇格に向け、GKを探しているところだ。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:1/13(日) 12:10
SPORT.es

あなたにおすすめの記事