ここから本文です

中日平田が開いた“新境地” 山崎武司氏「本塁打の少なさを気にする必要ない」

1/13(日) 13:54配信

Full-Count

アベレージヒッターとして飛躍、好結果を残せた要因は「ダイエット」

 中日の平田良介外野手にとって、昨季はプロ13年目にして最高のシーズンとなった。自己最多138試合に出場し、リーグ3位の打率.329、9本塁打、55打点。自身初のゴールデングラブ賞も獲得した。オフの契約更改交渉では、6000万円増の年俸1億8000万円でサイン。怪我なくシーズンを完走したことも大きかった。

【画像】平田の高校の後輩、ハム中田が高校生に逆戻り!? 大阪桐蔭ユニフォーム着用写真を公開!

 高校時代は通算70本塁打を放った大砲。プロ入り後、キャリアハイは2013年の15本塁打とその力を発揮できていないように見えたが、昨季はアベレージヒッターとして“開花”。打率と出塁率(.410)の高さから、シーズン途中からリードオフマンを務めるなど新境地を開いた。現役時代に通算403本塁打を放った強打者で、中日OBでもある野球解説者の山崎武司氏は「文句のない成績」と高く評価した上で「ホームランが少ないとかも気にする必要はない」と“エール”を送った。

 まず、なぜ平田は昨年、好成績を残せたのか。山崎氏は「ダイエット」を要因に挙げた。

「一番は彼が一昨年(膝を)怪我をしたこと。自分のいろんなもの、考えを変えられたことが彼の一番の成長じゃないかな。次に良かったのが、ダイエットしたこと。この2つじゃない? 技術的にはそんなに変わってないし、打ち方も変えたわけじゃない。やっぱり体のキレが全く違う。これは再三、平田には言ってたんだけど、『痩せろ』と。でも、言ってもオフに痩せられなかった。去年は、痩せたことによって膝の故障がなくなって、走れて、体のキレが出た。彼はポテンシャルを持っていたけど、いつも怪我して打率は.250そこそこだった。軽くしないと膝の負担が大きいということ。(一昨年)そういう怪我をしたから、野球に対する取り組みが変わったと言われてるからね。だから、平田は怪我をして一番良かったんじゃないのかな」

 そして、甲子園では1試合3本塁打、通算5本塁打を放つなど高校球界を代表する強打者として鳴り物入りで入団してきた13年前のドラ1は昨季、長距離砲としてではなく、アベレージヒッターとして結果を残した。プロ野球界でホームランバッターとして結果を残してきた山崎氏の目にはどう映ったのか。

1/2ページ

最終更新:1/13(日) 15:00
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事