ここから本文です

ロッテが元DeNAブランドン・マン投手を獲得

1/13(日) 9:36配信

日刊スポーツ

ロッテが元DeNAで昨季は米大リーグのレンジャーズでプレーしたブランドン・マン投手(34)を獲得することが13日、分かった。週明けにも発表される。

【写真】イチローに当てた元DeNAブランドンが直接謝罪

昨季の先発ローテーションは涌井、ボルシンガー、石川など右腕中心。18年ドラフト会議でも左腕を2選手(小島和哉、中村稔弥)獲得するなど、チームにとって先発左腕は補強ポイントだった。7日の仕事始めの際、山室球団社長は「左の先発型の左腕を獲得する予定」と明かしていた。現地の渉外担当が実際に投球を見て「すごくいい」とほれ込み白羽の矢が立った。

ブランドンは02年ドラフト27巡目でデビルレイズに入団。11、12年は横浜、DeNAでプレーし、日本通算28試合で3勝9敗、防御率4・27の成績を残した。昨季は自身初のメジャー登板を果たし、7試合に登板。勝ち負けは付かず防御率5・40だった。

最終更新:1/13(日) 9:50
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事