ここから本文です

中日2位梅津、インピンジメント症候群で投球控える

1/13(日) 17:50配信

日刊スポーツ

中日ドラフト2位の梅津晃大投手(22=東洋大)は13日、新人合同自主トレでスローを控えた。

【写真】外野を走る梅津(右)、左は滝野

10日に右肩インピンジメント症候群と診断され、前日12日に再開したキャッチボールをこの日は行わず。「右肩の筋肉が硬い。両肩のバランスが悪いのでケアしながらやっていきたい」。

痛みや違和感はないが、数日間はノースロー調整となりそうだ。今後はベテランと対面する可能性もあり、「松坂さんや吉見さんはすごく自分に厳しいと聞いた。私生活で何を大事にしているのか聞きたい」と前を向いた。

最終更新:1/14(月) 23:11
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事