ここから本文です

34歳オリックス増井「やれそう」40歳まで現役を

1/13(日) 22:26配信

日刊スポーツ

オリックス増井浩俊投手(34)が40歳までのプレーを目指す。13日、大阪市内の球団施設で自主トレを公開。

【写真】オリックス増井浩俊がデザインしたキャップ

将来の商品化も希望しているという、自分のイニシャルを組み合わせて自らがデザインしたロゴ付きキャップ、トレーニングウエア姿で汗を流した。「昨年はセーブ王を取れなかったので、今年こそ取れるようにしたい」。初のセーブ王獲得へ目標は40セーブだ。昨季は35セーブも終盤追い上げたソフトバンク森に37セーブでさらわれた。日本ハム時代の15年も39セーブで、41セーブのソフトバンク・サファテに競り負けた。「40セーブとっておけばいけると思う」とプロ10年目に燃えている。

今年35歳になるが「衰えは感じていない」といい、筋力アップのトレーニングに励む。「周囲からもやれそうだと言われるし、40歳までやりたいと思うようになりました」と意欲満々。40歳まで抑えでプレーすれば、通算250セーブでの名球会入りも見えてくる。まずはあと35試合に迫った通算500試合登板、あと5セーブの通算150セーブを目指し、チームの勝利のために今季も右腕を振るう。【高垣誠】

最終更新:1/14(月) 23:03
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事