ここから本文です

ローソン、悪魔だらけになる。 「悪魔のおにぎり」に新メンバー加入。

1/14(月) 11:50配信

東京バーゲンマニア

ローソン各店で2018年10月に販売を開始して以来、絶大な人気を集める「悪魔のおにぎり」。19年1月15日より順次、「悪魔の焼うどん」「悪魔のパン」「悪魔のトースト」が加わります。いったいどんな味なのでしょうか。

「悪魔のおにぎり」もパワーアップ

「悪魔のおにぎり」(110円)は、白だしで炊いたごはんに、天かす、青のり、天つゆなどを混ぜ合わせたおにぎりです。この組み合わせは、"悪魔的にやみつきになる美味しさ"と反響を呼び、累計販売数は約1700万個を記録する大ヒットを飛ばしました(1月9日時点)。

この「悪魔のおにぎり」が1月15日に、ごま油とねぎを加えることでさらにパワーアップします。さらに同日より、醤油、みりん、砂糖、カツオと昆布の合わせだしなどで味付けした焼うどんに、あおさのり入り天かすを合わせた「悪魔の焼うどん」(399円)を発売します。

また1月22日からは、薄焼きのパンの上に、天かすとあおさを乗せ、天つゆ入りソース、マヨネーズをかけた「悪魔のパン」(150円)、しっとり・ふんわりできめ細かい特長の食パンに、2種のチーズクリームと、シュレッドチーズをトッピングし、そのうえにグラニュー糖をかけて焼き上げた「悪魔のトースト」(125円)の販売も開始します。

またまた"悪魔的にやみつき"になってしまいそうな予感...。ぜひ手にとってみて。

あなたにおすすめの記事