ここから本文です

【東京オートサロン 2019】日本レースクイーン大賞2018、グランプリに林紗久羅さん

1/14(月) 21:22配信

Impress Watch

 日本レースクイーン大賞実行委員会は1月12日、「日本レースクイーン大賞」の授賞式を「東京オートサロン 2019」の会場で開催。2018D’stationフレッシュエンジェルズなどのレースクイーンを務めた林紗久羅さんがグランプリを受賞した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回で9回目の開催となる日本レースクイーン大賞。2018年に国内主要レースカテゴリーで活躍した400名を超えるレースクイーンの中から100名がノミネート。

 受賞式会場では、2018年度の日本レースクイーン大賞として、ファーストステージ、ファイナルステージを経て、投票ポイント上位5名となる、Modulo Prettyの生田ちむさん、2018D’stationフレッシュエンジェルズの小越しほみさん、林紗久羅さん、pacific fairiesの林ゆめさん、ZENTsweetiesの藤木由貴さんの受賞が発表された。

 ファン投票により人気No.1レースクイーンとなるグランプリに、2018年に9カテゴリーでレースクイーンを務める林紗久羅さんが選ばれた。

 大賞を受賞した5名のほかにも、ZENTsweetiesの川村那月さんとARTA GALSの星野奏さんが「日本レースクイーン大賞実行委員会特別賞」、2018D’stationフレッシュエンジェルズの中村比菜さんが「クリッカー賞」と「福岡アジアコレクション賞」、ZENTsweetiesのチャナナ沙梨奈さんが「ヤングマガジン MFゴースト賞」、au Circuit Queenの太田麻美さんが「週刊プレイボーイ賞」を受賞。

 そのほかにも、日本レースクイーン大賞2018コスチューム部門をK-tunes Racingのレースクイーンユニット「KT Honey」が受賞した。

Car Watch,編集部:椿山和雄

最終更新:1/14(月) 21:22
Impress Watch

あなたにおすすめの記事