ここから本文です

北の拉致、舞台劇観て理解を 蕨で来月7日「めぐみへの誓い-奪還-」

1/14(月) 7:55配信

産経新聞

 北朝鮮による拉致問題の啓発舞台劇公演「めぐみへの誓い-奪還-」(政府拉致問題対策本部など主催)が2月7日に蕨市の市民会館コンクレレホールで行われる。県内での公演は川口市に続き、2回目となる。

 公演は拉致問題に対する理解を深めてもらうのが目的で、全国各地で開かれている。上演される舞台劇は、中学1年生だった横田めぐみさんが新潟の海岸で拉致されてから現在に至るまでの経緯や、めぐみさんらの北朝鮮での生活が描かれている。

 入場無料。参加は事前申し込み制(定員500人)で、往復はがき、電子メールなどで受け付けている。希望者は往復はがきに(1)代表者の氏名、住所、電話番号(2)来場者全員の氏名などを明記し、蕨市健康福祉部福祉総務課(〒335-8501 蕨市中央5の14の15)宛てに郵送。申し込み期限は1月21日。問い合わせは同課048・433・7753。

最終更新:1/14(月) 7:55
産経新聞

あなたにおすすめの記事