ここから本文です

瀬戸大也 19年は“地元”から「いいスタート切れた」即席サイン会も実施

1/14(月) 16:17配信

デイリースポーツ

 競泳男子の瀬戸大也(24)=ANA=が14日、埼玉県川口市内で行われた短水路(25メートルプール)で競う埼玉県SC(スイミングクラブ)新年ジュニアで、2019年初レースに出場した。100メートル平泳ぎは59秒41、同自由形は49秒96、同バタフライは51秒21だった。

 埼玉県出身の瀬戸にとって、同会場は中学時代までは毎週のようにレースに通った“ホームプール”だ。「ジュニアの頃からレースをしてきたプールで泳げた。懐かしい」と感慨深げ。「3種目とも思ったより速かった」と納得の表情を浮かべた。

 プールサイドも、観客席も、瀬戸の泳ぎを見つめるファンであふれていた。「みんなからパワーをもらって、刺激をもらえた。いいスタートが切れた」と瀬戸。試合後には即席でサイン会も実施し、多くの子供たちが長蛇の列を作った。

 19年は「7月の世界選手権(韓国・光州)に標準を合わせて、何が何でも金メダル、王座奪還を目標にやりたい」と力強く語った。

あなたにおすすめの記事