ここから本文です

中国、北朝鮮からの輸入額88%減

1/14(月) 19:47配信

産経新聞

 【北京=藤本欣也】中国税関総署が14日発表した貿易統計によると、2018年の北朝鮮から中国への輸入額は前年比88%減の14億2千万元(約227億円)と大幅に落ち込んだ。北朝鮮への輸出額は同33・3%減の146億7千万元(約2343億円)だった。中朝貿易全体では同52・4%の減少となった。

 中国は北朝鮮にとって最大の貿易相手国だが、国連安全保障理事会の対北制裁決議を受けて、北朝鮮から石炭や鉄鉱石、海産物、繊維製品などの輸入を停止している。中国税関総署の報道官は同日、「中国は国連安保理決議を全面的かつ正確、真剣、厳格に履行している」と主張した。

 しかし、昨年3月以降、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が中国を4回訪問するなど、中朝関係が大幅に改善したのを受けて、中朝国境周辺などでは密輸が横行しているのが実情だ。

最終更新:1/14(月) 19:47
産経新聞

あなたにおすすめの記事