ここから本文です

母校で祝福受ける 全国ベスト4 尚志イレブン

1/14(月) 10:45配信

福島民報

 第九十七回全国高校サッカー選手権大会で七大会ぶり二度目の四強入りを果たした尚志イレブンは十三日、郡山市の母校に戻り祝福を受けた。 
 生徒や教職員、保護者ら約五十人が出迎えた。大川健主将が「目標の全国制覇には届かなかったが、後輩たちにはさらに上のステージを目指してほしい」とあいさつ。教職員の代表者から仲村浩二監督に花束が贈られた。 
 尚志は初戦で神村学園(鹿児島)、二回戦で東福岡(福岡)を破った。三回戦で前回大会王者の前橋育英(群馬)を下し、準々決勝で帝京長岡(新潟)に競り勝ってベスト4に進出し、準決勝は青森山田(青森)に敗れた。 

福島民報社

最終更新:1/14(月) 11:00
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事