ここから本文です

田島祇園祭の成功を祈願 南会津で「お千度参り」

1/14(月) 10:46配信

福島民報

 七月の国指定重要無形民俗文化財「会津田島祇園祭」の事始めとなる「お党屋(とうや)お千度参り」は十三日、南会津町の田出宇賀、熊野両神社で行われた。 
 祭りは七月二十二日から町内田島地域で催され、地区ごとのお党屋組が輪番制で取り仕切っている。今年は本町上側が当番で、その中心となる党本(とうもと)の猪股裕一さん(66)ら男衆十六人が参拝した。 
 参道に雪が残る中、わらじ履きの男衆が拝殿と手水舎(ちょうずや)の間を往復し、身を清めて祭りの成功を祈願した。大きな杯で酒を飲み干す「大杯回し」にも臨み、祭りに懸ける意気込みを示した。

福島民報社

最終更新:1/14(月) 11:03
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事