ここから本文です

オシャレ雑貨店の黒い看板猫 夜はデザイナー宅でお泊まり

1/14(月) 10:17配信

sippo

 那覇市のお隣、浦添市におしゃれで個性豊かな雑貨屋やカフェが集まる港川外人住宅街(港川ステイツサイドタウン)というエリアがあります。戦後米軍統治下時代に在沖軍人とその家族が住んでいた住宅はコンクリート平屋建ての独特な建物で、今ではリノベーションされたお店が軒を連ね、お店巡りが楽しめる人気のお散歩スポットとなっています。

【写真特集】雑貨店の黒い看板猫クロエ

 今回の目的地は、黒猫店長・クロエ(3歳♀)がいる「Proots(プルーツ)」。オーナーの萩原悠さんが厳選した雑貨や加工食品が並ぶ、オキナワメイドのセレクトショップです。

 クロエは2015年にお店がオープンして間もない頃から遊びにきていて、ある日、子猫を4匹咥くわえてやってきました。子猫たちは里親がすぐに見つかり、クロエは猫店長に就任。夜は近所のデザイナー・佐治俊克さん宅で寝泊まりしています。佐治さんが手がけるブランド「nonepro.」は港川エリアの猫保護のために立ち上げられ、売り上げの一部はその費用にあてられます。

 店内ではこだわりの珈琲や県産のアイスクリームなどが楽しめて、港川ステイツサイドタウンの他店で買ったものに限り、持ち込みOK。猫保護のためのイベントも盛りだくさん。今後の予定をチェックしておかなくちゃ。

(「猫びより」から/写真・文:芳澤ルミ子)

sippo(朝日新聞社)

最終更新:1/15(火) 11:32
sippo

あなたにおすすめの記事