ここから本文です

世界初披露! カモフラージュが取れたトヨタの新型「スープラ」は究極のスポーツカー

1/14(月) 23:50配信

くるまのニュース

世界中が待ち望んだ新型スープラ

 待望のお披露目となったトヨタの新型「スープラ」。これまで、カモフラージュ仕様は幾度となく露出されていましたが、トヨタは米国で2019年1月14日より開催されている「デトロイト・モーターショー」にて、カモフラージュ無しの正式なモデルを世界初披露しました。

世界中が注目する新型「スープラ」の画像で見る(36枚)

 今回の新型「スープラ」は、トヨタのモータースポーツブランド「TOYOTA GAZOO Racing」が展開する「GRシリーズ」初のグローバルモデルです。

 新型「スープラ」は、5代目にあたり2002年に生産終了してから17年ぶりの復活。初代スープラが1978年に誕生して以降、どの世代でも直列6気筒エンジンを積んだFRという部分は共通しています。

 今回の新型モデルでは、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現。

 ボディサイズは、全長4380mm×全幅1865mm×全高1290mm(1295mm)、ホイールベースは2470mmです。

 外観は、ショートホイールベースと大径タイヤ、2シーターらしいタイトスタイル、ワイドトレッドなどスポーツカーらしさを表現しています。

 内装は、上下に薄いインパネと高く広いコンソールでFRスポーツカーな空間とし、8.8インチTFTメーターや大型フルカラーヘッドアップディスプレイの採用により運転席中心でタイトな新世代のコックピットです。

 グレードは、スープラ伝統の直列6気筒3リッターガソリンエンジンを搭載する「RZ(最高出力340PS/最大トルク51.0kgf・m)」。直列4気筒2リッターガソリンエンジンを搭載する「SZ-R(最高出力258PS/最大トルク40.8kgf・m)」、「SZ(最高出力197PS/最大トルク32.6kgf・m)」の3種類。

 全グレードで、ツインスクロールターボや8速スポーツATを採用するほか、高剛性ボディや専用サスペンションなどにより高い走行性能を発揮します。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事