ここから本文です

『プロ野球スピリッツ2019』がPS4とPSvitaで2019年4月25日に発売決定。4年ぶり最新作

1/14(月) 8:23配信

電ファミニコゲーマー

 コナミデジタルエンタテイメントは『プロ野球スピリッツ2019』を、PS4、PSvitaで4月25日に発売すると発表した。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 価格はそれぞれ税別でPS4版が8800円、PSVita版が7500円。パッケージ、ダウンロード版ともに同じ価格となる。またダウンロード専用のデジタルデラックス版があり、PS4版が11800円、PSVita版が10500円となる。デジタルデラックス版の詳細は不明。

 『プロ野球スピリッツ』シリーズは、日本野球機構から正式に承認を受けている、実在のプロ野球選手、プロ野球チームが登場するリアル路線の野球ゲーム。『パワフルプロ野球』シリーズと共にコナミの野球ゲームの人気を二分しているゲームだ。

 その最大の特徴は、『パワフルプロ野球』が可愛らしいデフォルメキャラクターで描かれているのに対して、『プロ野球スピリッツ』では、実際の選手の頭身で描かれていること。特に2015年にPS3で発売した『プロ野球スピリッツ2015』では選手ごとに3Dスキャンを導入し、実写を見間違えるかのようなグラフィックを実現している。

 リアル路線ゆえに、打撃・走塁・守備などのそれぞれのモーションが緻密に再現されており、遠くから見るとテレビ中継されている本物のプロ野球を見ているかのようで、野球ゲームとしてさらに評価を高めた。今回は初のPS4タイトルとなるとで、そのグラフィックやモーションにも期待がかかるだろう。

 最新作となる『プロ野球スピリッツ2019』の詳細はまだ不明だが、以前のシリーズには、現実のプロ野球と連動した遊びやサービス「LIVEプロスピ」があった。シーズン中の全試合が試合終了から数時間後に配信され、自分だけのペナントを楽しめることができ、負け試合のリベンジなどを行うことが可能だった。今回もリーグ戦が楽しめる「ペナントレース」や、育成が楽しめる「スタープレイヤー」などのモードはあるはずなので、続報を待ちたい。

ライター/福山幸司

電ファミニコゲーマー:福山幸司

あなたにおすすめの記事