ここから本文です

今さらですが! 俺による俺のための2018年ベスト

1/14(月) 18:02配信

OKMusic

新年明けましておめでとうございます! 年が明けて早くも半月が経ち、一般的には“小正月”と呼ばれる三連休ですが、お正月気分も抜けたでしょうか? 残念ながら、僕は抜けてません(笑)。さて、俺的には2019年一発目のレコメンドということで。今さらですが、2018年に熱かった“俺による俺のための2018年ベスト5”をご紹介いたします。2018年に衝撃を受けた曲、2019年への期待が高まる曲…あくまでも俺の独断と偏見による5曲なので、苦情や否定的なご意見は一切受け付けません!

「Strawberry Feels」(’18)/BIGMAMA

インディーズでの十分すぎる実績を経て、2018年3月にメジャーとパートナーを組んだBIGMAMAの1stシングル曲。“これまでやってきたことはやらない”という自分たちの中の決めごとも破って挑んだ意欲作は、これまで彼らのことを知らなかった人にもバンドの魅力が一発で伝わる楽曲。ギターソロからバイオリンソロへとつなぐ間奏は何度聴いても鳥肌もの! 最新アルバム『-11℃』を掲げて、年末から行なわれている全国ツアー(クリスマス公演、最高だった!)でも、すでにライヴの定番曲として盛り上がりを見せているこの曲。清く激しく美しく、2019年もさらなる飛躍が楽しみなバンドです!

「六月の花」(’18)/湘南乃風

デビュー15周年を迎えた2018年は“一五一会”をテーマに、シングル&アルバムのリリース、全国ツアー開催、ドキュメント映画公開と盛りだくさんな内容で祝った湘南乃風。その中でも印象的だったのが、15周年記念シングルとしてリリースされた両A面シングル「六月の花/国士無双」だった。《お前と一緒にこうして暮らして もう十五年も経つんだな》と始まる、“「純恋歌」その後”とも取れる歌詞が僕の心をがっちり掴んだこの曲。彼ららしいリアルで親近感あふれる言葉で歌われるラブソングに込められた、長い歴史を経ての物語性や説得力の強さにすっかりやられてしまいました。んもぅ、最高! ちなみにこの曲、その後にリリースされた十五周年記念アルバム『湘南乃風 ~一五一会~』には未収録。まだ聴いたことない人は、ぜひシングル購入しよう!

1/2ページ

最終更新:1/14(月) 18:02
OKMusic

あなたにおすすめの記事